女の人

新しい不動産投資法|みんなで大家さんの特徴を大特集

私募ファンドの一種です

お金

厳選物件を組み込みます

気軽に始めることができる不動産投資商品として「みんなで大家さん」が人気です。みんなで大家さんは、運営会社が厳選した収益物件を組み込んだ私募ファンドです。基本的にすでに家賃が発生している収益物件を組み込み対象としているため、出資当初より予定利回り通りの分配金を受け取ることができます。組み込んだ収益物件の管理は運営会社が行うため、オーナー自らが中古ワンルームマンションを保有する場合と異なり、出資中の手間は一切かかりません。また、みんなで大家さんも不動産投資の範疇であるので、リスクがないというわけではありません。但し、このリスクについて、運営会社がきちんと対策を講じています。その1つが優先劣後システムです。優先劣後システムとは運営会社が劣後出資者、投資家が優先出資者となることで、物件の評価が下がった時のリスクを、まずは劣後出資者である運営会社に負わせるというものです。この優先劣後システムの導入により、優先出資者である投資家の元本は棄損しにくくなっているのです。なお、みんなで大家さんを購入する際には、運営会社との相対取引となりますが、申込手数料は一切かかりません。また、登記費用や不動産取得税といった経費もかかりません。但し、満期前に出資金を譲渡しようとする場合には手数料がかかります。その手数料は、運営会社に譲渡する場合には3.24%、運営会社以外の第三者に譲渡する場合には1.08%となっています。

不動産投資の商品

集合住宅

みんなで大家さんは少額の資金で、不動産に投資ができる商品です。投資の中でも安定性の高い不動産への投資を、気軽に行なうことができます。投資に対する分配も定期的に行われていて、一年間に六回の分配が行われています。

新しいタイプの不動産投資

つみき

みんなで大家さんは全く新しいタイプの不動産投資として、多くの人の関心を集めています。この商品では今まで一般の人には敷居が高かった不動産に対する投資を、より気軽に行なうことができる仕組みが整えられています。

高利回り商品です

貯金箱

定期預金や国債の金利に比べると「みんなで大家さん」の運用利回りは数百倍にもなります。株式の平均配当利回りや上場不動産投資信託の平均分配金利回りと比べても2倍から3倍の水準となっており、高利回りの投資商品と言えます。